あいあいペットクリニックのブログ

川崎市幸区にある動物病院です。開院して19周年になります。お電話は0445879557まで。

下痢の治療

こんにちわ。

今日はひどい天気でした🌀

  

たいていのわんちゃんねこちゃんは、一度は下痢で病院を受診されたことがあると思います。

下痢や嘔吐は有害なものを外へ排出するための重要な免疫反応ですが、体には大きな負担がかかります。

下痢の治療は、その免疫反応を妨害するのではなく補助を行い、原因を取り除いて下痢という反応を生じさせずに済むようにします。

 

当院で処方している療法食やお薬について一部紹介します。

f:id:attack-mana1212:20190521182249j:plain

こちらは腸に負担をかけない消化性や栄養性、食物繊維含有量の高いフードです。

なかでもBLUEの療法食は、高品質な原材料と高い栄養価でリピーターも多く、特におすすめです✨

他にも膵炎や高脂血症があれば低脂肪食、慢性腸疾患やアレルギー体質の子には低蛋白食を処方したりします。

 

薬は整腸剤と下痢止めです。

整腸剤は、良い働きをする生菌を直接取り入れることで腸内細菌のバランスをもとに戻します。

その他、整腸剤によってはそういった有用菌の増殖を促す食物繊維や、消化を助ける酵素が含まれています。

下痢止めは、腸粘膜の保護の他、腸管運動亢進や有害細菌増殖を抑える働きをします。

 

たいていの下痢は整腸剤や下痢止め、療法食で短期間のうちに治りますが、それでも治りにくい場合はより詳しい検査が必要になります。

 

便の中に寄生虫や病原菌がいれば駆虫薬や抗生剤を処方します。

下痢で受診される場合は、少量の便をラップかビニールに包んでご持参ください⭐️